水没した時の対処法をご紹介します

水没後のiPhone修理|充電はいつしていいの?

水没後のiPhone修理|充電はいつしていいの? スマートフォンは常に持ち歩いているという人も少なくありませんが、うっかり落としてしまうなどトラブルが起きることも珍しくありません、画面割れなどとともに水没もまた多いトラブルです。
iPhoneは人気の高い機種ですが、水の中に落としてしまった場合、電源が入っているときはまずは電源を切るようにします。
そして、充電ケーブルをさしている場合は、素早く抜くようにします。
そのまま使うと内部の部品がショートしてしまう可能性がありますので、焦らず、慎重に行動しましょう。
外側が乾いたと思っていても、内側にはまだ水が入っている可能性もあります。
それゆえ自己判断で充電してしまうと壊れてしまう可能性もあります。
安心して使い続けるためには、やはりiPhone修理をしておくことがおすすめです。
保証が残っている場合は正規店に依頼するという方法もありますし、できるだけ早く使えるようにしたいという場合は、非正規店のiPhone修理に依頼するという方法もあります。
電源が入れられないとバックアップが取れませんが、非正規店ではデータが残せることも多くなっています。

水没したときにはiPhone修理はどうやるのか?

水没したときにはiPhone修理はどうやるのか? iPhone修理の依頼の中でも比較的多いのが水没させたことによる故障です。
今の機種は、防水になっているタイプも有りますが機種によってはまだ対応していないものもありますし、洗濯してしまったりトイレに落としてしまって水浸しになった時には、iPhone修理が必要です。
ネットの情報では、乾かす事が大事ということで、シリカジェルを入れたジップロックのようなビニール袋の中にiPhoneを入れて乾かしたり、ドライヤーを使って乾かしたりする方法があげられいたりします。
しかしこういった方法は必ずしも合っているとは限りませんし、逆に故障の状態を進行させてしまうことになりかねません。
もちろん濡れた状態ですと電気関係に悪影響がありますので乾かす作業は必要となります。
プロに任せる事をお勧めします。
iPhone修理に出せば確実に水没したものでも直してもらえますし、電源が入らない場合でも様々なアプローチ方法が有るので安心です。

新着情報

◎2020/11/27

即日対応の修理専門店
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

電源はいつ入れていい?
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

水没修理の料金相場
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「iPhone 充電」
に関連するツイート
Twitter